12.図

PPT ラーニング_ 12.図
PowerPoint における画像の挿入と編集操作を学びます。
ページ内の学習項目は以下のとおりです。

  1. 図の挿入
  2. 図の編集
  3. 図の調整
  4. 図 のショートカット キー

★画像をクリックしてポップアップし、進めて見ていくと、概要がわかります。
★サンプルファイルをダウンロードして学習にご利用ください。

サンプルファイル ダウンロード→ PowerPoint のススメ(PPTLearning_1.pptx 512KB)

1. 図の挿入

1) 画像ファイルの種類

画像ファイルは、イラストや写真などの静止画像をファイル化したもので、ファイル形式により多数の種類があります。
ファイル形式は、拡張子で確認でき、おもに次のような種類と特徴があります。

  • .jpg, .jpeg(ジェイペグ/JPEG)…フルカラー1670万色、 高画質、ファイルサイズ小、写真向き、背景の透過不可、編集により劣化が生じる
  • .png(ピング/PNG)…256色~1670万色 、透過可、劣化しない、フルカラーでは jpeg よりファイルサイズ大、Web用として開発された
  • .gif(ジフ/GIF)…256色のみ、ロゴなどイラスト向き、透過可、劣化しない、gifアニメーション
  • .tif, .tiff(ティフ/TIFF)…画質がよい、ファイルサイズ大、印刷物向き、Web不可
  • .bmp(ビットマップ/BMP)…256色のみ、劣化しない、ファイルサイズ大、 古くからのWindows標準サポート、Web不可

したがって、同じ画像で複数のファイル形式がある場合は、画質やファイルサイズなどそのときに応じたものを選択します。
写真であれば JPEG、256色以下で境界がはっきりしたイラストなどは GIF、色数も多機能であるPNGは全般的に使用されます。

2) 画像ファイルの挿入

パソコン内にすでに保存されている画像ファイルをスライドに挿入するには、次のような方法があります。

  • [挿入]タブ-[画像]グループ-[画像]
  • スライドの [コンテンツ]プレースホルダーのアイコンより
  • スライド上に画像ファイルを直接ドラッグ
図の挿入

挿入タブ、[コンテンツ]プレースホルダー からの場合、[図の挿入]ダイアログ ボックスが表示されますので、保存場所を開き、画像を選択して[挿入]ボタンをクリックして挿入します。

[コンテンツ]プレースホルダー の[オンライン画像]をクリックすると、Webで画像を検索したり、OneDrive に保存している画像を取り込んだりすることができます。

3番目のスライド上に画像ファイルをドラッグするには、PowerPoint のウィンドウと画像ファイルの場所(デスクトップやフォルダー)を並べて開き、画像ファイルのアイコンをスライド上に直接ドラッグします。
すぐに挿入され、一番早い方法でおすすめです。

[図の挿入]ダイアログ ボックス

[図の挿入]ダイアログ ボックスで挿入する画像を選択し、[挿入]ボタンをクリックして挿入できるほか、右に表示される▼より、挿入方法を[挿入]、[ファイルにリンク]、[挿入とリンク]から選択できるようになっています。
それぞれ、挿入元の画像ファイルが編集されたとき、次のような動作状況となります。

図の挿入ダイアログボックス

[挿入]の場合、その画像は元の画像と切り離されたものとなります。
それに対し、[ファイルにリンク]、[挿入とリンク]では、元のファイルとリンクした状態ですので、元のファイルの画像に変更があった場合に、プレゼンテーションを開き直すと画像は更新されます。
[ファイルにリンク]、[挿入とリンク]の違いは、挿入元の画像ファイルが削除されたりファイル名が変更されたとき、[ファイルにリンク]では画像は表示されなくなるのに対し、[挿入とリンク]では最後の状態で表示されます。
[挿入]、[挿入とリンク]に対し、[ファイルにリンク]では、ファイルサイズが小さくてすみます。

3) スクリーンショット

[挿入]タブ-[画像]グループにある[スクリーンショット]は、現在開いているアプリやフォルダーなどのウィンドウや デスクトップ を画像として取り込める機能です。操作マニュアル作成時や、Webの画面を使いたいときなどに有効です。

[スクリーンショットをとる]ボタンをクリック後、次の2つのパターンで取り込むことができます。

  • 開いているウィンドウを取り込む
  • デスクトップを取り込む
スクリーンショット

PowerPoint 以外に開いているウィンドウがあれば、[使用できるウィンドウ]に取り込める内容が表示されます。
クリックすると、スライドに画像として取り込まれます。
不要な部分があれば、トリミング(後述)を行い、編集します。

[画面の領域]をクリックすると、PowerPoint 以外のデスクトップ表示となり、間もなく全体が白く、十字のマウス ポインターが表れます。
画像に取り込みたい領域をドラッグすると、スライドに画像として取り込まれます。

Print Screen

スクリーンショットは Office2010 より追加された機能です。
それ以前、また現在でも、同等の操作を行う別の方法は、キーボードのプリント スクリーン キー(「Print Screen」「Prt Scr」)を使用します。

2. 図の編集

スライドに挿入された図の編集としては、スタイル、サイズ、色合い、効果といった編集を行うことができます。
編集に使用するのは、図を選択すると用意される[図ツール]-[書式]タブ、図を右クリックしショートカット メニューなどから表示できる[図の書式設定]作業ウィンドウとなります。

図ツール-書式タブ

[図の書式設定]作業ウィンドウは、右クリックから以外に、[図ツール]-[書式]タブのグループ右下にある[ダイアログ ボックス起動ツール]ボタンからや、コマンドの一番下にあるオプション コマンドから起動することができます。

1) サイズ変更・回転

サイズ変更や回転については、図形の扱いと同じ要領です。

図のサイズ変更は、図を選択し、表示されるハンドル上をポイントし、マウス ポインターが両向き矢印の状態でドラッグします。(上図)
4隅のハンドルでサイズ変更すると、図は縦横比が固定された状態で拡大縮小し、辺の中央のハンドルで行うと、高さや幅の一方を拡大縮小します。

その他、数値でサイズを設定する場合は、[図ツール]-[書式]タブ-[サイズ]グループにある[高さ]と[幅]、[図の書式設定]では、[サイズとプロパティ]を選択し、[サイズ] で設定することができます。

図の移動は、図の内部や枠線の上で、マウス ポインターに四方に矢印が表示される状態でドラッグします。(上図)
図の回転も、回転ハンドルをドラッグして任意に回転できるほか、[図ツール]-[書式]タブ-[配置]グループ-[回転]より、また[図の書式設定]では、先と同じ [サイズ] に数値での設定があります。

2) トリミング

図の編集の中で頻度が高い操作に「トリミング」があります。
トリミングとは、図の表示領域を変更する機能で、図の中の必要な部分のみに、領域変更を行うことができます。

[図ツール]-[書式]タブ-[サイズ]グループ-[トリミング]ボタンをクリックすると、図のハンドルの部分に黒い枠線で表示される トリミング ハンドル が表示されます。
トリミング ハンドルをドラッグし、任意に図の領域を変更することができます。
また、トリミング中に図を移動させると、残す領域を移動することができます。

トリミング

トリミングはそれ以外にも、[トリミング]ボタンの下半分をクリックすると、次のコマンドが表示されます。

  • トリミング …上半分の[トリミング]ボタンに同じ
  • 図形に合わせてトリミング …図形の形にトリミングできる
  • 縦横比 …現在のサイズに対し、一覧の縦横比のサイズでのトリミング枠が表示される
  • 塗りつぶし …現在のサイズに対し、高さか幅か元の図との比率が近い方を最大サイズにした、縦横比を維持した最大の元の図が表示され、トリミングできる(現在より大きい元の図が表示される)
  • 枠に合わせる … 現在のサイズは変えず、縦横比を維持した最大の元の図が表示される、トリミングできる(現在より小さい元の図が表示される)

[図形に合わせてトリミング]では、図をおなじみの図形の形に合わせてトリミングすることができ、加工することができます。

また、Officeでのトリミングは、元の図より大きいサイズに設定することができます。
元の図より大きい領域は透明になります。

3) 図のスタイル

[図ツール]-[書式]タブ-[図のスタイル]グループには、元の図に効果やトリミングなどを加えた、図のクリック スタイルが用意されています。
そのほか、個別に効果や枠線を編集したり、図を使用した SmartArt に変換することもできます。

[図クイックスタイル]は、次のようなひな形の一覧が用意されており、スタイルを選択していくと図にプレビューされますので、イメージを確認しながら設定していくことができます。

図のスタイル

そのほかにも、[図の枠線]、[図の効果]といった設定ができますので、先のスタイルをさらに変更したり、普通の図に線だけ付けるといったことができます。
また、[図の書式設定]作業ウィンドウの[塗りつぶしと線]、[効果]で細やかに設定できるようになっています。

[図のレイアウト]では、図を使用した SmartArt にすることができ、複数の図を選択して設定すると、図のサイズや配置が整った状態で作成されます。

図のレイアウト

3. 図の調整

図の明るさや色合い、背景設定、色の変更、アート効果といった、図自体を修整したり、図をリセットしたり、圧縮するといった機能も備わっています。
[図ツール]-[書式]タブ-[調整]グループにあるコマンドは、以下の7種類です。

図の調整
  • 背景の削除 …背景を削除し、透明化する
  • 修整 …色のシャープネス、明るさ/コントラストを修整
  • 色 …色の彩度やトーンの調整、モノクロにするなどの色の変更
  • アート効果 …さまざまなタッチの画風に変更
  • 図の圧縮 …図を圧縮し、挿入した図のサイズを小さくできる
  • 図の変更 …図を差し替える
  • 図のリセット …元の図にリセットする

1) 背景の削除

背景の削除は、図の背景となる部分を指定し、透明化することができます。
図を選択し[背景の削除]をクリックすると、背景と認識された部分が赤紫になり、[背景の削除]タブが表示されます。
同時に領域の枠線が表示されますので、削除しない部分は範囲とするよう、必要に応じて枠のサイズを変更します。
削除部分をうまく認識しない場合、[保持する領域としてマーク]、または [削除する領域としてマーク] をオンにして、画像上をクリックしてマークを付けていくことで、それぞれの領域を認識させていきます。
最後は、[変更を保持]ボタンをクリックすると、背景を削除することができます。

背景の削除

2) 図の圧縮

スライド上の図を圧縮すると、プレゼンテーションのファイル サイズも縮小しますので、図が多い場合は、是非設定したい機能です。

図を選択し、[図の圧縮]をクリックすると、[図の圧縮]ダイアログ ボックスが表示されます。

図の圧縮

[圧縮オプション]で、[この画像にだけ適用する]チェック ボックスをオフにすると、全スライドのすべての画像が圧縮されます。
また、[解像度の選択]で目的に合わせて選択します。

[図のトリミング部分を削除する]をオンにすると、トリミングで不要となった部分を完全に削除します。
[この画像にだけ適用する]チェック ボックスをオフにしていると全スライドのトリミングした画像に適用されます。

3) 図のリセット

図のリセットは、編集された図を元に戻す機能で、2種類あります。

  • 図のリセット …図に設定した書式変更のみをリセットして戻す
  • 図とサイズのリセット …挿入時の図にリセットして戻す
図のリセット

例えば、トリミングし色を変更した図で[図のリセット]を行うと、色のみ初期に戻り、トリミングなど、サイズはそのままです。
[図とサイズのリセット]では、完全に元の図に戻ります。

4. 図 のショートカット キー

図に関するショートカット キーは、基本の操作や図形の操作のショートカット キーと同じように使用できます。
ここでは、アクセス キーのみご紹介いたします。

操作説明キー操作
図の挿入(アクセス キー)Alt または F10, N, P
[図ツール]-[書式]タブを選択(アクセス キー)Alt または F10, JP

アクセス キーは、Alt または F10 を押すと、コマンドにキーとなるアルファベットが表示され、キーを押していくことで、コマンドを実行できるものです。
そのほか、Alt または F10 のあと、方向キー や Tabキー を使用して目的のコマンドを選択し、Enterキーで実行することもできます。
アクセス キーは、ショートカット キーが割り当てられていないコマンドの効率的な操作や、マウスを使えないときの操作など、知っていると役に立つ機能です。