07.図形の書式設定

PPT ラーニング_ 07.図形の書式設定
挿入した図形の書式設定を学びます。ここでの設定等は図形以外のさまざまな要素でも共有されます。
ページ内の学習項目は以下のとおりです。

  1. 図形の書式
  2. 図形のスタイル
  3. ワードアートのスタイル
  4. 図形の書式設定 のショートカット キー

★画像をクリックしてポップアップし、進めて見ていくと、概要がわかります。
★サンプルファイルをダウンロードして学習にご利用ください。

サンプルファイル ダウンロード→ PowerPoint のススメ(PPTLearning_1.pptx 512KB)

1. 図形の書式

1) 図形の要素

スライドに挿入した図形は既定の書式が設定されますが、後から自在に色や効果を設定していくことができます。
設定は組み合わせることにより、無限のようにあります。

図形の要素を把握しておきます。図形には、図形内部と図形周囲の線の2つの要素があります。
さらに内部にテキストがある場合、そのテキストの文字と文字周囲の線の要素があります。
したがって、図形を編集するとき、図形とテキストと両方における設定場所が存在します。

図形要素

2) 書式の設定場所

基本の設定場所は、リボン上2つのタブにあります。

  • [ホーム]タブ-[フォント]グループ …文字書式
  • [ホーム]タブ-[段落]グループ …段落書式
  • [ホーム]タブ-[図形描画]グループ …図形の書式全体
  • [描画ツール]-[書式]タブ-[図形のスタイル] …図形の書式全体
  • [描画ツール]-[書式]タブ-[ワードアートのスタイル]グループ …文字の色や効果

図形の編集場所

リボン以外に、詳細に設定できる [図形の書式設定]作業ウィンドウがあります。
[図形の書式設定]作業ウィンドウ は2段構造になっており、図形の書式の場合とテキストの書式の場合と、さらにその中で項目が分かれています。

図形の書式設定

[図形の書式設定]作業ウィンドウの表示方法は、図形を右クリックするほか、[描画ツール]-[書式]タブのグループ右下のダイアログ ボックス起動ツールをクリックします。
図形の中のテキストが選択されている状態で右クリックしたとき、ショートカット メニューの [文字の効果の設定]をクリックすると [図形の書式設定]作業ウィンドウ の [文字のオプション] が開き、[図形の書式設定] をクリックすると [図形の書式設定]作業ウィンドウ の [図形のオプション] が開きます。

[図形の書式設定]作業ウィンドウ を表示したまま、別の図形などを選択すると、選択した部分の設定となります。
次々と設定できるので便利です。

作業ウィンドウをフローティング ウィンドウにする

作業ウィンドウは、既定では右端に表示されます。そこそこ場所を取るもので、スライドの表示が小さくなってしまったり、編集しづらくなったりしがちです。

そこで、作業ウィンドウの左の縦の境界線上にマウスを合わせると、マウス ポインターは白の両向き矢印となり、ウィンドウの幅を変更することができます。
作業ウィンドウをスリムにすると作業領域が広がります。

さらに、作業ウィンドウのタイトルあたりにマウスを合わせると、マウス ポインターは白い四方の矢印となり、そのままドラッグすると、作業ウィンドウをダイアログ ボックスのようなフローティング ウィンドウにすることができます。
これで任意の位置、サイズに変更して 作業ウィンドウ を使用できます。
再び右端にドッキングするには、作業ウィンドウのタイトル部分をダブルクリックします。

既定の図形の書式を変更する

図形を挿入したときの既定の書式は、各テーマで違い、図形クイック スタイルの左から2番目、上から2番目の書式となっています。
よく使用する書式が別であるのであれば、その書式を既定にしておくと、1つ操作が省略されます。
その設定方法は簡単、次のとおりです。

任意の図形を用意し、既定としたい書式を設定します。
設定した図形を選択、右クリック-[既定の図形に設定]を指定します。

既定の図形に設定

設定した既定の図形の設定は、プレゼンテーション(ファイル)単位となります。

2. 図形のスタイル

1) 図形クイック スタイル

[ホーム]タブ-[図形描画]グループ、[描画ツール]-[書式]タブ-[図形のスタイル]グループ に [図形クイック スタイル] という、ひな形スタイルの一覧が用意されています。
クイック スタイル には、図形の色、枠線の色、フォントの書式が含まれており、素早くきれいな書式が設定できます。
クイック スタイル は、テーマにより配色やフォントが違ってきます。

クイック スタイル

そのほか、図形を右クリックし、表示されるミニ ツール バーの [スタイル] より、図形のクイック スタイルの設定を行うことができます。

2) 図形の塗りつぶし

図形の塗りつぶし とは、図形内の背景の設定のことです。
[描画ツール]-[書式]タブ-[図形のスタイル]グループ-[図形の塗りつぶし] をクリックし、各コマンドから次のような背景設定ができます。

  • [テーマの色]、[標準の色]、[その他の色]、[スポイト] …単色のベタ塗り
  • [塗りつぶしなし] …背景なし(透明)
  • []、[テクスチャ] …画像はめ込み、敷きつめ
  • [グラデーション]

図形の塗りつぶし

図形を右クリック、ミニ ツール バーの [塗りつぶし] より、リボンと同様の設定の一覧が表示されます。

その他の色

PowerPoint にとって、印象に大きくかかわる色の設定はとても大切です。
[テーマの色]や[標準の色]にない色を設定したい場合は、[その他の色]を使います。
表示される [色の設定]ダイアログ ボックス には、パレットが表示される [標準]タブ と、グラデーションの色合いから色を選択したり、数値設定で色を作れる [ユーザー設定]タブ があります。

例えば、[標準]タブ で色を選択し、そのまま[ユーザー設定]タブ を開くと、右の縦のバーには、選択した色の明度によるグラデーションが表示されます。目的の色をクリックすると、微妙に違う色を指定することができます。

その他の色

両方のタブの下部には、透けて見えるような透明度を指定する [透過性] の設定もあります。

[図形の書式設定]作業ウィンドウ-[図形のオプション]-[塗りつぶしと線]-[塗りつぶし] では、自由自在な詳細設定ができるようになっています。
上記設定のほか、2色でパターン柄を背景にできる [塗りつぶし(パターン)] や、複数重なった前面の図形にスライドの背景を映し出すことができる [塗りつぶし(スライドの背景)] の設定が加わります。

グラデーションの作成

[図形の塗りつぶし] から [グラデーション] を選択すると、テーマの既定の色を使用した、さまざまなバリエーションのグラデーションの一覧が表示されます。
違う配色や違う角度でのグラデーションを作成したい場合は、一番下 [その他のグラデーション] をクリックします。
または図形を右クリックし、[図形の書式設定] を表示します。

グラデーション

表示される [図形の書式設定]作業ウィンドウの [図形のオプション]-[塗りつぶしと線]-[塗りつぶし] で、[塗りつぶし(グラデーション)]オプションを選択、まず既定のグラデーションが設定されますので、そこから変更していきます。
グラデーションの設定の [種類]、[方向]、[角度] を設定すると、自由にバリエーションを作ることができます。

あとは色の設定です。
最初は既定で表示された [グラデーションの分岐点] を編集します。
[グラデーションの分岐点] は次のような操作性となっています。

  • 各分岐点を選択し [色] を設定
  • 分岐点はドラッグで移動でき、[位置] に反映される
  • 分岐点はクリック等で追加できる
  • 分岐点をドラッグ等で削除できる
  • 各分岐点の色で [透明度] や [明るさ] を指定できる

グラデーション作成

分岐点の色や位置など変更することで、自在にグラデーションを作成することができます。

3) 図形の枠線

図形には枠線を別途設定することができます。直線や矢印などは、枠線の設定のみとなります。
[描画ツール]-[書式]タブ-[図形のスタイル]グループ-[図形の枠線] をクリックし、各コマンドから次のような背景設定ができます。

  • [テーマの色]、[標準の色]、[その他の線の色]、[スポイト] …枠線の色設定
  • [線なし] …線を非表示
  • [太さ]
  • [実線/点線]
  • [矢印] …矢印の種類や方向の設定

図形の枠線

図形の塗りつぶしと同様に、[図形の書式設定]作業ウィンドウ-[図形のオプション]-[塗りつぶしと線]-[線] では、上記設定のほか、[透明度] の設定、[線の先端] や矢印の詳細設定、また [線(グラデーション)]などの詳細な設定があります。

スポイトの使い方

図形の塗りつぶしと枠線にあるスポイトを使用すると、スライド上に設定されているどこかの色と、同じ色にすることができます。
手順は、設定したい色を持つ図形を選択しておいて、[スポイト]をクリックします。
すると、マウス ポインターがスポイト型になり、そのまま移動させていくとその位置の色が表示されていきますので、同じにしたい色のところでクリックします。

4) 図形の効果

図形の効果は、図形に影を付けたり回転させたり、本来の図形にさらに付加設定を成すものです。
図形の効果には、次の設定があり、組み合わせることもできます。

  • [標準スタイル] …効果のひな形
  • [影]
  • [反射]
  • [光彩]
  • [ぼかし]
  • [面取り]
  • [3-D 回転]

図形の効果

図形の効果においても、[図形の書式設定]作業ウィンドウ-[図形のオプション]-[効果] では、規定にない色の設定や、[透明度] の設定、角度などの詳細設定を行うことができます。

書式のコピー/貼り付け

図形の書式を同じにしたいとき、[ホーム]タブ-[クリップボード]グループ-[書式のコピー/貼り付け]が大変役に立ちます。
書式のコピー/貼り付け は書式のみをコピーし、図形の形、種類はそのまま残ります。
コピーされる書式には、効果や次のワードアートの書式も含まれます。

使い方は(スポイトと似ていて)、書式コピー元の図形を選択し、[書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックすると、マウス ポインターにハケが付きますので、書式をコピーしたい図形をクリックします。

書式のコピー/貼り付け

書式コピー元の図形を選択して [書式のコピー/貼り付け] をダブルクリックすると、続けて書式の貼り付けができるようになっています。
書式の貼り付けを終了するときは、Escキー を押すか、再度 [書式のコピー/貼り付け]ボタンをクリックします。

3. ワードアートのスタイル

1) ワードアート

図形内のテキストのフォントなどの文字書式は、[ホーム]タブから設定できますが、そのほかに、[描画ツール]-[書式]タブ-[ワードアートのスタイル]グループでは、見栄えのするロゴ的な文字を設定できるようになっています。
[ワードアート] の一覧は、ひな形スタイルをすぐに指定できるため便利です。
イメージに近いスタイルを指定してから変更すると効率よく編集ができます。

ワードアート

文字にワードアートの書式を設定する場合は、[描画ツール]-[書式]タブより変更しますが、新たにワードアートの書式の文字を挿入する場合は、[挿入]タブ-[テキスト]グループ-[ワードアート]ボタンより行います。

2) 文字の塗りつぶし・文字の輪郭・文字の効果

ワードアートは、文字の形をした図形ですので、先の図形の塗りつぶしと図形の枠線と同じ要領で、[文字の塗りつぶし] と [文字の輪郭] を設定することができます。

ワードアートの文字の効果は、先の図形の効果と同じ要領となりますが、設定項目が多少違います。

  • [影]
  • [反射]
  • [光彩]
  • [面取り]
  • [3-D 回転]
  • [変形] …文字並びの配置や形状、図形と文字が一体化した図形となる

ワードアートの書式編集

ワードアートの書式も、図形と同様に、[図形の書式設定]作業ウィンドウ-[文字のオプション]で、詳細な設定ができるようになっています。

図形内のテキストの位置を調整

例えば角丸四角形などの図形にテキストを挿入すると、中央に文字が入ります。
文字の位置は、[ホーム]タブ-[段落]グループの、[左揃え]、[中央揃え]、[右揃え] で水平方向の位置の設定、[文字の配置]の [上]、[上下中央]、[下] で垂直方向の位置の設定ができます。
しかし、微妙な位置に配置したい場合は、次の2つの方法で対応します。

  1. [図形の書式設定]作業ウィンドウ-[文字のオプション]-[テキストボックス]を開き、左右上下の余白設定の数値を設定
  2. 角丸四角形にテキストは挿入せず、別にテキスト ボックスに文字を書いて、重ね合わせる

4. 図形の書式設定 のショートカット キー

それでは最後に、図形の書式設定の際に役に立つショートカットキーをご紹介します。

操作説明 キー操作
図形選択と文字選択の切りかえ F2
直前と同じ操作を繰り返す F4
書式のコピー Ctrl + Shift + C
書式の貼り付け Ctrl + Shift + V
すべて選択 Ctrl + A
太字 設定/解除 Ctrl + B
左揃え Ctrl + L
右揃え Ctrl + R
中央揃え Ctrl + E

Ctrl + S のように「+」の場合は、Ctrlキー を押しながら S を押します。
Alt, Fのように「,」の場合は、Altキー を押したあとで F を押します。