10.表

PPT ラーニング_ 10.表
PowerPoint における表の挿入と編集操作を学びます。
ページ内の学習項目は以下のとおりです。

  1. 表の作成
  2. 表の移動、サイズ変更、文字入力
  3. 表の編集
  4. セルの編集
  5. 表 のショートカット キー

★画像をクリックしてポップアップし、進めて見ていくと、概要がわかります。
★サンプルファイルをダウンロードして学習にご利用ください。

サンプルファイル ダウンロード→ PowerPoint のススメ(PPTLearning_1.pptx 512KB)

1. 表の作成

1) 基本的な表の挿入方法

複数の情報を見やすくまとめて表示したい場合に、表は大変有効です。
基本的な表の挿入方法は次の3つ、あらかじめ作成する表の縦横のマス(セル)の予定数を確認しておきましょう。

  • [挿入]タブ-[表]グループ-[表]より
    • ドラッグ …表の列数、行数分の範囲をドラッグ
    • [表の挿入] …[表の挿入]ダイアログ ボックスが表示され、列数と行数を数値で指定して挿入
  • スライドの [コンテンツ]プレースホルダーのアイコンより
表の挿入
表の挿入

2) その他の表の挿入

[挿入]タブ-[表]グループ-[表]には、あともう2つの方法があります。

  • [挿入]タブ-[表]グループ-[表]より
    • [罫線を引く] …えんぴつのマウスポインターで手動で描く
    • [Excel ワークシート] …Excel のワークシートが挿入され、Excel のリボンを使用した編集が可能

[罫線を引く]コマンドは、最初は四角形の枠線のみで終了します。
その表に続けて罫線を引く場合は、表内に選択がある状態で、同じ[罫線を引く]コマンド、または[表ツール]-[デザイン]タブ-[罫線の作成]グループ-[罫線を引く]ボタンをクリックし、ボタンがオンの状態で罫線を自由に足していくことができます。

表の挿入

[Excel ワークシート]コマンドは、Excel ワークシートが挿入され、Excel の編集を行うことができます。
Excel の編集モードは、黒いハンドル、ナナメの枠線状態です。
ハンドルをドラッグして、表示されるセル範囲を変更することができます。

スライドに複数の表を挿入

2つの表を左右に並べて挿入する場合は、スライドのレイアウト[2つのコンテンツ]を選択すると、手早くバランスよく挿入できます。

その他、スライド上で何も選択されていない状態で表を挿入すると、表はいくつでも新たに挿入することができます。

2. 表の移動、サイズ変更、文字入力

1) 表の移動

挿入した表を移動するには、表の枠線上をポイントし、マウス ポインターが四方に矢印の状態でドラッグします。(下図)
または、表が選択された状態で 方向キー(→↓←↑) でも移動することができます。

表の移動、サイズ変更

2) 表全体のサイズ変更

表全体のサイズは、表の端に表示されているハンドルをポイントし、マウス ポインターが両向き矢印の状態でドラッグ(サイズ変更中は黒い十字の状態)します。 (上図)
表のハンドルを使用したサイズ変更は 、ドラッグしている方向に、表は均一に拡大縮小します。

ただし、後に次の作業を行うと表の全体サイズが変わってしまいます。

  • 行高の変更
  • 行の追加/削除
  • 列の削除

したがって、行と列の数、および行の高さが確定した段階で、 表全体を拡大縮小 するサイズ変更を行うのが効率のよい編集です。
なお、列の挿入、セルの結合/分割では全体サイズの変わりません。

表全体の選択

表内にカーソルがある状態で F2キーを押すと、表全体の選択となります。
F2 を繰り返し押すと、表の選択と表内の選択を切り替えることができます。

その他、右クリックしたショートカット メニューから、リボンのコマンドでは [表ツール]-[レイアウト]タブ-[表]グループ-[選択]-[表全体の選択]から表全体の選択を行うこともできます。

表のサイズ

表全体のサイズは、表または表の一部を選択したときに表示されるコンテキスト タブ[表ツール]-[レイアウト]タブ-[表のサイズ]グループの[高さ]/[幅]ボックスに数値を設定して設定することもできます。

3) セルに効率よく文字を入力

表の左端セルにカーソルを置いて Tabキー を押していくと、カーソルは右のセルへ、そして一番右からは下の段に移ります。
キーを使用してカーソルを移動させながら入力していくと、キーボードだけの操作で効率よくできます。キーでのカーソル移動は、次のとおりです。

  • Tab …右へ下へ
  • Shift + Tab …左へ上へ
  • 方向キー(→↓←↑)…その方向へ

Tabキー などを使用すると、カーソルは次のセルに移動しますが、Enterキーを押すとセル内で改行、Shift + Enter で強制改行となります。

セルに文字を入力

4) 表の部分選択

次に表を編集するにあたって、部分的にセルを選択するための方法を確認しておきましょう。

  • 1つのセル …セル内にカーソルを入れる
  • 1行選択 …行の左余白で黒い矢印のマウス ポインターの形でクリック
  • 複数行選択 …1行選択し、そのまま下または上にドラッグ
  • 1列選択 …列の上余白で黒い矢印のマウス ポインターの形でクリック
  • 複数列選択 …1列選択し、そのままに左または右にドラッグ
  • 任意選択 …起点のセルからドラッグ
セルの選択

その他リボンでは、 [表ツール]-[レイアウト]タブ-[表]グループの[表の選択(選択)]ボタンより、[表全体の選択]、[列の選択]、[行の選択]コマンドが用意されています。

3. 表の編集

表を編集する際に使用するのは、表を選択したときに表示されるコンテキスト タブ、[表ツール]-[デザイン]タブと [表ツール]-[レイアウト]タブ、また文字の基本の書式設定などで [ホーム]タブを使用します。

表ツールタブ

1) 文字の書式

セルに入力した文字の書式や段落の書式は、[ホーム]タブの[フォント]グループや[段落]グループで通常編集ができます。
セル中の文字を箇条書きにしたり、特定段落のみ右揃えにしたり、行間を変更したり、セル内での設定ができます。

そのほか、 [表ツール]-[デザイン]タブ-[ワードアートのスタイル]グループ では、デザイン的な文字書式を設定していくことができます。

セル内の中央に文字を配置

セル内の文字は、既定では左上端の配置となります。
文字をセルの中央に配置したい場合は、[表ツール]-[レイアウト]タブ-[配置]グループ-[中央揃え](水平方向の中央)と、同じく[上下中央揃え](垂直方向の中央)の両ボタンをオンにします。

セル内の余白

セル内の文字配置について、定番の[中央揃え] など水平方向の配置や [上下中央揃え] など垂直方向の配置以外に、セル内の余白(文字の入力範囲)が設定できるようになっています。

セル内の余白

[表ツール]-[レイアウト]タブ-[配置]グループ-[セルの余白]より一覧から選択、また一番下の [ユーザー設定の余白]をクリックすると、[セルのテキストのレイアウト]ダイアログ ボックスが表示され、細やかな配置設定を行うことができます。

2) 表のデザイン

表は最初、既定のスタイル、デザインで挿入されますが、あとから自由に変更することができます。
[表ツール]-[デザイン]タブ-[表のスタイル]グループ、[表スタイルのオプション]グループだけで、速やかに見栄えのよい表に作り上げることができます。
あらかじめ作成イメージを確認してから、操作に入りましょう。

既定で初期に挿入される表は、タイトル行が塗りつぶされた横縞模様のスタイルです。
[表のスタイル]の一覧を表示し、ギャラリーより見栄えのよい他のスタイルを選択指定できるほか、[表のスタイルのオプション]グループの [タイトル行]チェック ボックスや [縞模様 (横)]チェック ボックスをオフにすることでも、簡単に表を編集することができます。
変更した表のスタイルにしたがって、[表のスタイル]の一覧も違ったスタイルが表示されますので、 さらにイメージに近い表のスタイルを選択していくことができます。

塗りつぶしなし罫線だけのシンプルな表のスタイル

シンプルな罫線のみの表にする場合の簡単な方法です。
[表のスタイル]の一覧を表示し、ギャラリーの[スタイルなし、表のグリッド線あり]を選択すると、黒実線のシンプルな表になります。

表のスタイル

そのほか、淡色の縦に罫線があるスタイルを選択し、 [表のスタイル]グループの [タイトル行]チェック ボックスや [縞模様 (行)]チェック ボックスをオフにすることでも、色罫線のシンプルな表にすることができます。

3) セルの色、罫線の色

セルに任意の色を設定するには、対象セルを選択し、[表のスタイル]グループの [塗りつぶし]より指定します。
操作方法は、図形の編集と同様です。

罫線の種類や色などの線種を任意に変更するには、[表ツール]-[デザイン]タブ- [罫線の作成]グループで、[ペンのスタイル] ボックス 、[ペンの太さ] ボックス 、[ペンの色]ボックスで罫線の書式を作成します。
自動的に [罫線を引く]ボタンがオンになりますので、表の罫線の上をドラッグしなぞるようにして、線種を変更することができます。

表のすべての罫線スタイルを変更

表のすべての罫線の色やスタイルなどを変更する場合、次の手順が効率的です。

  1. 表全体を選択
  2. [罫線の作成]グループで罫線の書式を作成
  3. [表のスタイル]グループの[格子]の罫線をクリック
すべての罫線スタイルを変更

4. セルの編集

表挿入後に行や列を編集するには、[表ツール]-[レイアウト]タブ-[行と列]グループ、[結合]グループ、[セルのサイズ]グループのコマンドをおもに使用します。
そのほか、その箇所で右クリックをすることでも、ショートカット メニューより操作することができます。

挿入,削除,結合,分割,行高,列幅

1) 行や列の追加/削除

行や列の追加や削除は、対象箇所を選択後、リボン上のコマンドは、上図のように大変わかりやすくボタンが並んでいます。
複数セルを選択していた場合、そのセル分の行または列が追加/削除されます。
操作対象のセルすべてを選択していなくても、カーソルがあるセルを含む該当の対象を追加/削除します。(カーソルを入れるだけで追加/削除できる)

2) セルの結合/分割

セルの結合は、複数セルの間の罫線を省いてセルを1つにすることです。
対象の複数セルを選択し、[結合]グループ-[セルの結合]ボタンをクリックします。
それぞれのセルに入力内容がある場合は、1つになります。
罫線を削除することでもセルの結合となります。
罫線の削除は、[表ツール]-[デザイン]タブ-[罫線の作成]グループにある[罫線の削除]をクリックし、消しゴムの形のマウス ポインターで、削除する罫線をドラッグします。

セルの結合、分割

セルの分割は、1つのセルを複数に分けます。 対象のセルを選択し、[結合]グループ-[セルの分割]ボタンをクリックします。
[セルの分割]ダイアログ ボックスが表示され、分割する[列数]と[行数]を数値で設定します。
罫線を手動で引くことでもセルの分割となります。[デザイン]タブ-[罫線の作成]グループにある[罫線を引く]をクリックし、ドラッグで罫線を任意に引くことができます。

4) 行高/列幅

表を編集し、仕上げに整えるときに行の高さや列の幅を揃えるということはよくあります。
揃えたい複数の行または列を選択し、[セルのサイズ]グループ-[高さを揃える]ボタン/[幅を揃える]ボタンをクリックすると均一の行高または列幅となります。
基本的に、全体のサイズは変わらずに均一サイズとなりますが、セルの状況、選択の状況によっては、高さを揃える場合に全体の高さが変動する場合があります。

5. 表 のショートカット キー

最後に、表の編集で役に立つ ショートカット キーです。

操作説明キー操作
次(右)のセルに移動Tab
→(方向キー)
前(左)のセルへ移動Shift + Tab
←(方向キー)
次の行に移動↓(方向キー)
前の行に移動↑(方向キー)
セル内で左揃えCtrl + L
セル内で中央揃えCtrl + E
セル内で右揃えCtrl + R
最終行の下に1行追加右下のセルにカーソルを入れて Tab

Ctrl + S のように「+」の場合は、Ctrlキー を押しながら S を押します。
Alt, Fのように「,」の場合は、Altキー を押したあとで F を押します。