13.ビデオ

PPT ラーニング_ 13.ビデオ
PowerPoint における動画(ビデオ)の挿入と編集操作を学びます。
ページ内の学習項目は以下のとおりです。

  1. ビデオの挿入
  2. ビデオの書式編集
  3. ビデオの再生設定
  4. ビデオ のショートカット キー

★画像をクリックしてポップアップし、進めて見ていくと、概要がわかります。
★サンプルファイルをダウンロードして学習にご利用ください。

サンプルファイル ダウンロード→ PowerPoint のススメ(PPTLearning_1.pptx 512KB)

1. ビデオの挿入

1) 動画ファイルの種類

スライドにビデオ(動画)を挿入し、スライド ショーで動画を見せることができます。

動画ファイルは、動画作成に使用した機器やアプリなどにより数多くのファイル形式があります。
その中で、スライドに挿入できるファイルの拡張子、形式は次のとおりです。

  • .avi(Windowsビデオファイル)…Windows で再生できる標準的な動画ファイル形式
  • .mpg, .mpeg(エムペグ/MPG)…動画の圧縮するための規格にともなったファイル形式
  • .asf(Windows Media ファイル)
  • .wmv(Windows Media ビデオ ファイル)
  • .mp4, .m4v(MP4ビデオファイル)
  • .mov(Quick Time ムービーファイル)
  • .swf(Adobe Flashメディア)

2) 動画の挿入

動画(ビデオ)の挿入は、次の方法からとなります。

  • [挿入]タブ-[メディア]グループ-[ビデオ]
  • スライドの [コンテンツ]プレースホルダーのアイコンより
  • スライド上に動画ファイルを直接ドラッグ
ビデオの挿入

挿入元となる動画の場所は、大きく分けて2つ、PC内かWeb上かになります。

PC内に保存している動画を挿入する際は、[ビデオの挿入]ダイアログ ボックスから動画ファイルを指定して挿入、または動画ファイルのアイコンをスライド上に直接ドラッグします。

3) 動画の共有

Web上の動画を挿入する場合に利用できる動画サイトは、YouTube またはVimeo の2つです。
挿入する方法は、YouTube で検索する方法と、YouTube または Vimeo の埋め込みコードを貼り付ける方法の2つとなります。

埋め込みコードについては、まず目的の動画の画面を開きます。
YouTube の場合は、動画下の[共有]をクリックし、表示される画面の[埋め込む]をクリックします。
Vimeo の場合は、動画右上に並ぶアイコンの[共有]をクリックします。
ともに、表示された「<iframe」から始まる埋め込みコードをクリックして選択、コピーします。

ビデオの埋め込みコード

挿入したビデオは、図形や図と同じ要領で、移動、サイズ変更、回転を行うことができます。

また、挿入したビデオはスライド上でも再生することができます。
PCから挿入したビデオは、選択すると再生ボタンが表示されます。
Webから挿入したビデオの場合は、ダブルクリックするか、[ビデオ ツール]-[書式]タブ-[プレビュー]グループの[メディアのプレビュー(再生)]ボタンをクリックします。

4) 画面録画

画面録画は、PowerPoint2013 より登場した、デスクトップ上の操作を録画することができる機能です。
次のような手順で録画することができます。

  1. 最初から使用するアイコンやアプリなどを、デスクトップに用意
  2. [画面録画]ボタンをクリック
  3. 録画範囲を設定
  4. 録画
  5. 録画停止

録画で最初から使用するアイコンやアプリなどを、デスクトップに用意しておきます。
[挿入]タブ-[メディア]グループ-[画面録画の挿入]ボタンをクリックすると、 PowerPoint のウィンドウのみが最小化されたデスクトップの状態となりますので、動画を録画する範囲を十字のマウス ポインターでドラッグして指定します。
前回の範囲の点線が表示された場合は、その範囲が動画録画の範囲となりますが、範囲を変更する場合は、画面中央上に表示された[ドック]にある[領域の選択]ボタンをクリックして範囲を設定し直します。
[ドック]の[録画]ボタンをクリックすると録画が始まり、途中[一時停止]をクリックし録画を一時停止し、画面を変えて撮り続けることもできます。
最後は[停止]ボタンで終了します。

画面録画

そのほか[ドック]には、 録音を行なう[オーディオ]ボタン、マウス ポインターをキャプチャする[ポインターの録画]ボタンが用意されており、オン/オフで切り替えます。

2. ビデオの書式編集

挿入したビデオの編集は、[ビデオ ツール]コンテキスト タブを使用して編集することができます。
書式設定のメインは [ビデオ ツール]-[書式]タブで、詳細設定は [ビデオの設定]作業ウィンドウも用意されています。

1) ビデオ スタイル

[ビデオ ツール]-[書式]タブ-[ビデオ スタイル]グループでは、ビデオに枠線や効果を付けたり、図形の形にすることができます。
[ビデオ クイック スタイル] は、それら設定を組み合わせたひな形で、選択すると反映しますので、確認しながら設定していくことができます。

スタイル以外に[ビデオ スタイル]グループの[ビデオの図形]、[ビデオの枠線]、[ビデオの効果]により、個別に設定を行うことができます。

ビデオスタイル

※Web から挿入したビデオは、[ビデオ クイック スタイル] や [ビデオの図形] で四角形でない形を選択すると、スライド ショーで表示される最初のみで、すぐに元の形に戻ります。

2) トリミング

[ビデオ ツール]-[書式]タブ-[サイズ]グループにあるトリミングでは、ビデオの表示サイズのトリミングができます。

トリミング

トリミングを行ったときに、PCから挿入したビデオの場合は、動画の表示がトリミングした領域のみ表示されるようになります。(動画の表示部分が一部となる)
Web から挿入したビデオは、トリミングしたサイズに縮小された動画が表示されます。(動画は縮小された全体表示となる)

3) ビデオの調整

挿入したビデオの明るさや色合いなどの調整ができるようになっています。
[ビデオ ツール]-[書式]タブ-[調整]グループ-[修整]ボタンは、ビデオの明るさやコントラストの調整、[色]ボタンからは、モノクロにするなど色合いの調整ができます。

ビデオの調整

4) 表紙画像の設定

[ビデオ ツール]-[書式]タブ-[調整]グループ-[表紙画像]ボタンより、最初に表示されている画像を変更することができます。
[表紙画像]ボタンからは、次の3つのコマンドが表示されます。

  • 現在の画像 …動画を再生しながら、または一時停止して、表示されている画面を表紙画像に設定する
  • ファイルから画像を挿入 …保存されている画像を表紙画像に設定する
  • リセット …設定した表紙画像をリセットする
表紙画像

※ Webから挿入したビデオは、[現在の画像]コマンドは無効で、PCに保存している画像のみ表紙画像にできます。
Webから挿入したビデオでも、ビデオ中のシーンを表紙にしたい場合、ビデオを再生し、表紙にしたい画面となったところで、PCの「Print Screen」キーを押してデスクトップの画面をコピーし、ペイント等に貼り付け、その画像をトリミングしてPC内に画像として保存すれば表紙画像に設定することが可能です。

5) デザインのリセット

[デザインのリセット]では、編集したビデオを元に戻す機能で、2種類あります。

  • デザインのリセット …ビデオに設定した書式変更のみをリセットして戻す
  • デザインとサイズのリセット …挿入時のビデオにリセットして戻す

先の[表紙画像]や、[ビデオ ツール]-[再生]タブでの設定はリセットされません。

3. ビデオの再生設定

挿入したビデオを再生するときに、[ビデオ ツール]-[再生]タブの機能を使用してより美しく流れよく再生できるように設定することができます。

ビデオツール 再生タブ

1) ビデオのトリミング

ビデオの最初や最後の不要なカットを取り除くことができます。
ビデオを選択し、[編集]グループ-[ビデオのトリミング]をクリックします。
表示された[ビデオのトリミング]ダイアログ ボックスで、画像を確認しながら、緑と赤のマーカーをドラッグして移動して開始時間と終了時間を変更設定することができます。

ビデオのトリミング

2) フェードの継続時間

ビデオの最初と最後で表紙画像をフェードさせることができます。

  • フェードイン …ビデオ開始時、設定した秒数表紙画像がうっすらと残る
  • フェードアウト …ビデオ終了前、設定した秒数から表紙画像がうっすら表示され、最後は表紙画像で終了する

※ビデオのトリミングとフェードの機能は、Webから挿入したビデオには設定できません。

フェードの継続時間 ブックマーク

3) ブックマーク

ビデオにブックマークを入れておくことができます。
再生しながら、また ブックマークを入れるタイミングで 一時停止して、[ブックマークの追加]ボタンをクリックして、ブックマークを挿入します。
ブックマークが挿入された位置に、○のしるし表示されますので、目印として利用できます。(上図)
ブックマークの削除は、対象のブックマークを選択して、[ブックマークの削除]ボタンをクリックします。

※ブックマークの機能は、Webから挿入したビデオには設定できません。

3) ビデオのオプション

ビデオを再生するタイミングや繰り返しなどの設定を行うことができます。

  • 開始 …クリック時か自動を設定
  • 全画面再生 …スライドショーで再生するときに全画面表示となる
  • 再生中のみ表示 …[開始]の自動設定とセットで使用、終了するとビデオは非表示になる
  • 停止するまで繰り返す …繰り返し再生される
  • 再生が終了したら巻き戻す …再生終了後、表紙画像が表示される

[開始]については、アニメーション設定の[開始]とほぼ同じ機能で、連動するようになっています。

4. ビデオ のショートカット キー

最後に、ビデオの編集で役に立つ ショートカット キーです。

操作説明キー操作
コンピューター上のビデオの挿入(アクセス キー)Alt または F10, N, V, P
オンライン ビデオの挿入(アクセス キー)Alt または F10, N, V, O
画面録画の挿入(アクセス キー)Alt または F10, N, R
ビデオをポイントし再生、再生/一時停止Alt + P
Ctrl + Space
1コマ(0.25秒)進めるAlt + Shift + →(右方向キー)
1コマ(0.25秒)戻すAlt + Shift + ←(左方向キー)
ミュート/ミュート解除Alt + U
画面録画 録画/一時停止Windows + Shift + R
画面録画 停止Windows + Shift + Q

Ctrl + S のように「+」の場合は、Ctrlキー を押しながら S を押します。
Alt, Fのように「,」の場合は、Altキー を押したあとで F を押します。

アクセス キーは、Alt または F10 を押すと、コマンドにキーとなるアルファベットが表示され、キーを押していくことで、コマンドを実行できるものです。
そのほか、Alt または F10 のあと、方向キー や Tabキー を使用して目的のコマンドを選択し、Enterキーで実行することもできます。
アクセス キーは、ショートカット キーが割り当てられていないコマンドの効率的な操作や、マウスを使えないときの操作など、知っていると役に立つ機能です。